トータルコーディネートを目指す

時計はトータルコーディネートをするときには、欠かせないアイテムです。足元から頭のてっぺまで完璧にしても、手首が寂しいと格好よく見えないかもしれません。そのため、手首のおしゃれは手を抜けないポイントなのです。また、服装に合った時計のデザインも重要です。スーツにオモチャみたいな時計では似合いません。カチッとした時計を選ぶと、スーツが映えるでしょう。逆にカジュアルな服装の時にカチッとした時計も合いません。このようにファッションに合わせた時計をつけるようにすると、トータルで格好よくなります。

時計がアクセントになる

ファッションをトータルで考えると、時計は遊び心を加えられポイントになります。だぼっとしたファッションなのに、時計がきちっとしていると時計に目がいくようになります。時計を目立たせたい場合などは、あえてトータルファッションから外れた時計をすると時計が目立つでしょう。自己主張の強い時計などはこのような使い方をすると、格好よく使えます。時計の個性を考えて使うと、色々な使い方ができるでしょう。

長年愛用すればトレードマークになる

時計は長年愛用できるファッションアイテムです。流行やトレンドに左右されにくいため、ずっと使うことができます。そう考えると、長年使い続ければ時計そのものが個性になるのです。その時計を見ればその人と認識されるようになることもあるでしょう。時計を着けるならそうなるほど長く愛用すれば、独特の味が出るようになります。味が出た時計は格好いいものです。

IWC」は、アメリカ出身の時計師であるフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズが、大いなる開拓精神をもってスイスのシャフハウゼン1868年に創設した高級時計ブランドです。